オーストラリアで楽しむ花と公園巡り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回はちょうど記事がアップされたので

「オーストラリアのワイルドフラワーと過ごす短い春」

オーストラリアの花と公園について紹介したいと思います。

オーストラリアは日本より物価が高い

オーストラリアは一般的な娯楽(遊園地、動物園、水族館、プールなどなど)は

日本より2割くらい割高です。

ただしアウトドア好きな国民性もあってか、アウトドアの整備にはかなりの税金が投入され、

綺麗な公園、芝生、遊具、水飲み場、遊歩道、BBQグリル、公衆トイレ、公衆シャワーが

無料で使えます。

ビーチのシャワーや更衣室などのファシリティも無料ですし、

キャンプサイトも格安のところが多いですね。

公園巡りはメジャーな娯楽

私たち家族ももれなく無料で楽しめる公園巡りをしています。

公園と行っても、近所の公園からNational Parkまで様々です。

近所の公園は芝生などが整備された綺麗な公園です。

National Parkは手付かずの自然が残されている公園です。

生態を守るためにルールが存在し、入場料が必要な場所もあります。

大きさも東京の1つの区が入るくらいのものもあります。

オーストラリアは断絶された大陸なので、固有の植物や動物が多く生存しています。

特に西オーストラリア州は花が大好きな州だと思います。

オーストラリア固有の草花が多く咲いていることも挙げられますが、

ワイルドフラワーではないですが綺麗な花壇がそこら中にあります。

道路、歩道、公園、公共の建物などです。

短い春を思いっきり楽しむ

オーストラリア大陸は乾燥した大地が8割以上を占めるため、春も短めです。

私が住んでいる場所は夏が長く、秋・冬・春はひとまとまりなっています。

なので日差しが柔らかく、そこそこ潤いのある春は貴重です。

Natures.さんで連載させてもらっている記事の一つでも紹介していますが、

「オーストラリアのワイルドフラワーと過ごす短い春」

http://natures.natureservice.jp/2017/02/10/4789/

花は大事な観光資源で、

ワイルドフラワーのためのフェスティバルも行われます。

ワイルドフラワーロードという観光名所も春になると出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA